実は残るキャッシングの信用情報

キャッシングをいくつか契約されている方に注意していただきたいのが、信用情報は履歴として残るということです。滞納をしても無視していれば問題ない、また次のキャッシングと契約すればいい、と考えている方も中にはいるかもしれませんが、その方法は通用しないのです。

こうしたいわゆる悪い情報というのは、金融機関が共有して閲覧できる状態で残されています。そのため、いくら次のキャッシングに申し込んだとしても、その情報が参照され契約できる可能性はグッと低くなってしまうのです。仮に契約しできたとしても、怪しいキャッシングとしか契約できないかもしれません。

ただし、こうした情報が一生涯ずっと残っているかといえば、そうではありません。信用情報には期限があり、その期限を迎えると参照されることはなくなります。とはいえ、数年単位で期間が設けられているため、ホッと一息つくことはできないでしょう。

何にしろ、正しく利用していれば何の問題もない、ということです。借りたものを返すという当たり前のサイクルをこなしていれば、キャッシングは頼れるパートナーとなるでしょう。そのためには、無理せず計画的に借り入れすることが大切です。将来を見据えたキャッシングをしましょう。


このページの先頭へ