実は残るキャッシングの信用情報

キャッシングをいくつか契約されている方に注意していただきたいのが、信用情報は履歴として残るということです。滞納をしても無視していれば問題ない、また次のキャッシングと契約すればいい、と考えている方も中にはいるかもしれませんが、その方法は通用しないのです。

こうしたいわゆる悪い情報というのは、金融機関が共有して閲覧できる状態で残されています。そのため、いくら次のキャッシングに申し込んだとしても、その情報が参照され契約できる可能性はグッと低くなってしまうのです。仮に契約しできたとしても、怪しいキャッシングとしか契約できないかもしれません。

ただし、こうした情報が一生涯ずっと残っているかといえば、そうではありません。信用情報には期限があり、その期限を迎えると参照されることはなくなります。とはいえ、数年単位で期間が設けられているため、ホッと一息つくことはできないでしょう。

何にしろ、正しく利用していれば何の問題もない、ということです。借りたものを返すという当たり前のサイクルをこなしていれば、キャッシングは頼れるパートナーとなるでしょう。そのためには、無理せず計画的に借り入れすることが大切です。将来を見据えたキャッシングをしましょう。

関連記事

    無人契約機を上手に使ったキャッシングの活用方法

    今ではキャッシングの申し込み方法も多様化してきており様々な利用方法がありますので自分の便利な方法で効率的に融資を受けるということが求められるようになってきております。 特に最近ではWEB契約が注目されるようになってきており、即日融資も受けられるために利用者の方に喜ばれる存在になってきてお... 記事を読む

    何度でも発生する無利息期間が魅力のノーローン!

    ノーローンは大手とは言えませんが、独自のユニークな無利息期間を用意している新生銀行系の消費者金融です。 このノーローンでは、同じく新生銀行系のカードローンである「レイク」の自動契約機がそのまま利用できます。レイクの自動契約機は全国に700台以上あり、ネットからの申し込みも受け付けているの... 記事を読む

    キャッシングの審査基準を知ることは大切です

    金融機関にお金を借りるとなれば、必ず審査を通過しなければならないです。 正社員として安定した収入があり、初めてキャッシングをするという事であれば問題はありませんが、審査基準については金融機関によって様々です。しかし、基本的には金融機関は借り入れする人の返済能力があるかを見極めています。 ... 記事を読む

このページの先頭へ